読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「カフカ―ス」

「私たちの計画は大胆だった。同じ汽車でカフカース沿岸に向かい、その全く人気のない土地で3,4週間過ごそうというものだ。私はそこに土地勘があって、いつだったかソチの近くでしばらく暮らしていたこともあった。まだ若く、孤独だった私は、暗い糸杉の林や冷たい灰色の波打ち際で過ごしたいくつもの秋夜を、生涯忘れぬよう心に刻んだものだった」(イワン・ブーニンカフカ―ス」)

 

ソチで不倫もいいかもね。