読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月8日、東京、雪

やわらかい雪を見ると丸めたくなるのは人間がマンモスを追いかけていたころからの性だから、どうしようもない。どうしようも。

ぼくらは孤独

昼間は晴れていたのに夕方になって急に風が強くなる、変な日曜。「高円寺麦酒工房」。手作りのビールが飲める。飯もうまいし値段も手ごろ。 飲み友達と3人、いつもと似たような話。 ひとしきり飲んでラーメン。高円寺「太陽」。 なんの変哲もないラーメン。…

『銀の匙』と等価交換

アニメ『銀の匙』を毎週楽しみに見ている。ほんと、これだけ優れた娯楽作品をぽんぽん作れる荒川弘という人は大した人だなと思う。漫画のほうも読んでみようかな。 ただひとつ『銀の匙』に関しては思うところもあって、それはつまり、『鋼の錬金術師』から引…

キリル・コブリン「街角のカフェ」

ロシアの作家キリル・コブリンの短篇「街角のカフェ」(2006)の紹介。いつ書いたのかは忘れた。 作者プロフィール 1962年ゴーリキー(現ニジニ・ノヴゴロド)生まれ。歴史家、エッセイスト、小説家、ジャーナリスト。ゴーリキー大学(現ニジェゴロド国立大…

古本屋に全弾発射

昼飯。西荻窪「パパパパパイン」にてパイナップルラーメン(塩)。 スープにパイナップルジュースが投入してあるという、どう考えてもキワモノの類だが、これはこういうものとしてそれなりに。 それから古本屋をまわる。盛林堂、にわとり文庫、モンガ堂、TIMEL…

私は初詣を愛している。きみは?

2013年の大晦日はコミケツアーを敢行する予定だったが、同道する予定だった人間の体調不良でふわふわと不首尾に終わる。それでも夕方の6時くらいから新宿で知人たちと飲み始め、11時30分ごろに店を出て初詣に向かう。 西武新宿線に生まれてはじめて乗り、新…

ブログ、それは光

「この中に殺人犯がいるかもしれないんだぞ!そんなやつらと一緒に寝られるわけないだろう!俺は別の部屋で寝る!」そう叫んで彼は一人暮らしの部屋を飛び出した。6月の湿っぽい空にかすかに晴れ間がのぞき、彼の脳天めがけて陽光が降り注いだ。翌朝彼は死体…