読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

かもめ

土曜のお昼、NHKでチェーホフ『かもめ』の舞台が放映されていた。 natalie.mu チェーホフにも演劇にもさほど詳しくないぼくが、戯曲それ自体の出来についていうことは特にないが、一点、ラスト間際にニーナがトレープレフに語りかける「あなたは作家、わたし…

HANEKAWA is the love-gunpowder-gelatine-love

原作は知らないで、2009年にアニメで見始めて、ようやく"エピソード0"にまでたどり着く。2017年2月16日。 www.youtube.com 8年もの長きに渡って、なんだかんだシリーズ(ほぼ)すべて見続けて、ある意味では〈物語〉シリーズとともにアニメ視聴歴を積み重ね…

大根を失くす

今日の買い物の帰り、大根をどこかで落としてきたらしい。あんな重いもの、自転車の前カゴから落とせば気づきそうなものだが、実際いま家に大根はないのだから、どこかで落としたと考えるよりほかない。 ところで恥ずかしながら先日、ぼくは財布の中身のカー…

Paralyzed Tokyo

11月24日の東京、雪。あの程度で交通機関が麻痺するなんて、とか雪国の人はいうけれど(ぼくもちょっとは思うけど)、でもしかし、東京はすこしくらい麻痺したほうが人間的な都市になれるかもしれない。 11月25日。友人たちと「荻窪ビール工房」でビール。 …

あなたの口から秋のためいきが麺に似て細く長く伸びあがり、高く抜けていこうとする空をなめらかに縛り上げるさまを、あなたはぼんやりと見ている。

『響け!ユーフォニアム 2』『3月のライオン』『終末のイゼッタ』『オカルティックナイン』『ブブキ・ブランキ 星の巨人』『ガーリッシュナンバー』、2016年秋クールアニメはどれもおもしろい。どれもおもしろいので息をつく暇もないというのがぜいたくな悩…

『遠野物語 奇ッ怪 其ノ参』という劇を見ました。

行けなくなっちゃったんでよかったら、と演劇のチケットをもらう。古来より、持つべきものは急に演劇に行けなくなっちゃう知人である、との言い伝えもある。そんな言い伝えはない。 遠野物語・奇ッ怪 其ノ参 | 主催 | 世田谷パブリックシアター 「其ノ参」っ…

『花咲くころ』という映画を見ました。

深夜アニメ視聴が生活の一部に組み込まれ早やウン年、四季の移り変わりとアニメのクールの切り替わりを同じもののように考えて暮らしてきたせいで、7月開始のシリーズを1本も見ていない現在、ぼくには夏らしい夏もおとずれていない。いまはなんだか記憶喪失…

ぼくは真夜中の部屋で

おなかをすかせて夜中にラーメンの写真を見返している。こんなに悲しいことはない。悲しいことはひとりぶん。 荻窪「味噌麺処 楓」で和え麺。おいしい。 「和え麺」といわれてイメージしたものよりはスープが多かった。ぼくにだけ見えている幻覚でなければ、…

どうしておなかが

おなか空きませんか?空きますよね。でもそれがキミの生きる証。 新宿「ほりうち」のラーメン。麺がすごくおいしいが、すごく量がおおい。いやしかし、さいきんのこじゃれたラーメン屋の麺がすくなすぎるだけなのかもしれない。 どうでもいいが、これを食べ…

君は加賀百万石がいったいどんなものか知っているのか?知ったうえでそういう口のきき方をするのか?【後編】

君は加賀百万石がいったいどんなものか知っているのか?知ったうえでそういう口のきき方をするのか?【前編】 一夜明けて7日。朝いちばんに長町武家屋敷跡。前日の春のような陽気からは少し冷えこんで、ぼくとしては気持ちがいい。 ここで野村家武家屋敷跡と…

君は加賀百万石がいったいどんなものか知っているのか?知ったうえでそういう口のきき方をするのか?【前編】

「一度くらい酒造見学というものをしてみたいんだよね」という話を友人にしたら、じゃあ行こうよととんとん拍子に話がすすみ、3月6,7日、石川県は金沢市にちょっとした旅行をした。どうでもいいがぼくは基本、行きたいといっているところには行きたいといっ…

雪々て東京

雪だぃぃぃーーーーーーーーーーーーーーーーーんんんーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! ん雪んぴぃーーーーーー!!!!!!!!!!!!!ぬ雪ろらーーーーーーー!!!!!!!-------------ー…

ペッペルしてくださいませんか

昨年9月のブラートフとプリゴフに続き、今年はペッペルシテイン。なんだろう、モスクワでは秋口に現代美術の有名どころの展覧会を開かなきゃいけない習いでもあるのだろうか。 9月21~27日にモスクワに滞在していた。そこでたまたま会った日本の知人に、ロシ…

聖地に抱かれ上手

8月18日水曜、ひとりで京都旅行。日帰り。所用でというのかなんなのか、愛知県(母方の実家)に滞在していたのだが暇をもてあまし、それなら京都でも行ってみるかと、まあそういう話。新幹線で3,40分らしいし。 午前11時前に着いて、とりあえず朝からやって…

『バケモノの子』という映画を見ました。

吉祥寺の映画館オデヲンは誕生月1100円だそうだ。ありがとう。最近はアニメを見てると、これ小中のころの自分に見せてあげたかったなあ、小さいころならもっと素直にのめり込めたなあと思うことが増えて、なんともやるせない。『バケモノの子』も、けっこう…

いずくにか、伊豆大島

三連休、友人を訪ね数名で伊豆大島へ。このほとんど死に体のブログを見返してみると自分、去年の夏も花火だ高尾山だと一応レジャー行為には及んでいるらしいのに、この人生満喫感のなさはどうしたことだろう。 18日22:15発の船で竹芝桟橋を出港。船上で開始…

正代さんはつらい

正代さん復帰したんだね。実際に動いているところを見られるのは嬉しい。 2014.11.23 西部日本剣道大会 正代賢司 1回戦 - YouTube 今日は渋谷ユーロスペースで『神々のたそがれ』を見る。3時間はキツいという意見もチラホラリだったが、寝不足の状態で見に行…

ラーメン、思い出す。

変な時間に起きてろくにご飯も食べていなかったので、ほかの用事ついでに吉祥寺に出てラーメンでも食べようかと思ったけど、最近の吉祥寺にはどうもあんまり魅力的なラーメン屋がないような気がして(もちろん僕の好みからしたら、ということだけど)なんと…

九月、モスクワ、ポストモダン

『グラスリップ』、最後の方は毎週ひとりで爆笑しながら見ていた。あまりの意味不明な展開に一部の批評家の心をがっちりとらえ、ネット上ではある意味けっこうな話題になっているようだ。最初数回の感じでは『true tears』とか『凪のあすから』ばりのどろど…

川を愛する人は

夏と言えばレジャー、レジャーと言えばリア充、リア充と言えば恋愛。 間違っている。そんなテーゼは根底から間違っている。晩夏の太陽が貴様を許さない。 というわけで、夏生まれでありながらリア充でもなく恋愛に縁もなく体の80%が寒天でできているこの僕が…

「文学的な言葉で政治を語ることは可能か、またそれに意味はあるのか」という問いを立てることに意味はあるのか、そんな議論はやめてうどんを食べたほうがいいんじゃないのか

毎週木曜日は『グラスリップ』。これは最高のアニメである。説明は要らない。愛さえあればそれでいい。 ところで最近知り合いの女性が「若者文化を知りたい」と老女みたいなことを言いだし(僕よりは年上で既婚だが、別に、まだ全然若い)やおらTwitterを使…

正代さん

Facebook上でなぜか元剣道日本代表の正代賢司氏が「知り合いかも」欄に表示されたので覗いてみたところ、彼が普通に働き結婚をし剣道もしていることが知れて感慨に耽る。彼が愚かだったことは疑いようもないが、いや、まぁ愚かっていうか逮捕されてるんだけ…

初王子

東京に住み始めてウン年、本日はじめて八王子に降り立つ。普段は取り立てて用のない町。まぁ別に今日だって取り立てて用というほどのものもなかった。ただ八王子在住の知人と飲んだというそれだけの話。先日の雪がずいぶんと溶け残っていて、どことなく故郷…

2月14日、東京、雪

東京の小学生は雪に対して傘で不従順の姿勢を伝える。ぼくは買い物袋を右手にぶらさげ、首を90度空へ傾ける。雪だけを見る。それはつまり何も見ないということでもある。

2月8日、東京、雪

やわらかい雪を見ると丸めたくなるのは人間がマンモスを追いかけていたころからの性だから、どうしようもない。どうしようも。

ぼくらは孤独

昼間は晴れていたのに夕方になって急に風が強くなる、変な日曜。「高円寺麦酒工房」。手作りのビールが飲める。飯もうまいし値段も手ごろ。 飲み友達と3人、いつもと似たような話。 ひとしきり飲んでラーメン。高円寺「太陽」。 なんの変哲もないラーメン。…

古本屋に全弾発射

昼飯。西荻窪「パパパパパイン」にてパイナップルラーメン(塩)。 スープにパイナップルジュースが投入してあるという、どう考えてもキワモノの類だが、これはこういうものとしてそれなりに。 それから古本屋をまわる。盛林堂、にわとり文庫、モンガ堂、TIMEL…

私は初詣を愛している。きみは?

2013年の大晦日はコミケツアーを敢行する予定だったが、同道する予定だった人間の体調不良でふわふわと不首尾に終わる。それでも夕方の6時くらいから新宿で知人たちと飲み始め、11時30分ごろに店を出て初詣に向かう。 西武新宿線に生まれてはじめて乗り、新…

ブログ、それは光

「この中に殺人犯がいるかもしれないんだぞ!そんなやつらと一緒に寝られるわけないだろう!俺は別の部屋で寝る!」そう叫んで彼は一人暮らしの部屋を飛び出した。6月の湿っぽい空にかすかに晴れ間がのぞき、彼の脳天めがけて陽光が降り注いだ。翌朝彼は死体…